ドラスマの効果と副作用について解説します。

ドラスマの効果

ED治療薬・ステンドラのジェネリック医薬品として開発されたドラスマの効果は、もちろんEDを改善することです。

有効成分として含有するアバナフィルのはたらきによって血管が拡張することで、男性器を構成する陰茎海綿体に十分な量の血液が流れ込みやすい状態をつくります。

陰茎海綿体に多量の血液が流れ込めば、それによって陰茎海綿体が血液を吸収して膨張し、あわせて男性器全体も増大します。

また、勃起した状態の持続力を高めてくれるのもポイント。

勃起した状態を維持することができず、自分の意思に関係なく萎えてしまう中折れに悩んでいる方にもおすすめです。

このようにドラスマはEDに効果的な医薬品ですが、あくまでも勃起をサポートする医薬品であることを念頭に置いておく必要があります。

ドラスマに限らず、「ED治療薬を服用することで自然に勃起する」と勘違いしている方は少なくありません。

しかし、ED治療薬の効果は血管が正常に拡張する状態をつくることであり、実際に血管が拡張するためには外部からの性的刺激が必要不可欠です。

この点についてはED治療薬を服用したとしても変わらないので、勘違いしていた方はこれを機に認識を改めましょう。

また、同じく誤認されやすいのが、「ED治療薬を服用することで性欲が増進する」ということです。

E

D治療薬には媚薬のような性的興奮を促す成分は含まれていないので、服用したからといって性欲が増すことはありません。

ドラスマの作用機序

そもそも勃起は、陰茎海綿体に多くの血液が流れ込むことで起こる現象です。

陰茎海綿体は男性器を構成する器官であり、スポンジ状をしています。流れ込んだ多量の血液を吸収することによって膨張。それにあわせて男性器全体が増大、硬化します。

そのためのトリガーとなるのが、目や耳から入ってくる性的刺激です。脳が興奮の信号を全身に伝達することでcGMPという体内物質が生成され、血管を拡張します。その結果、通常時よりも陰茎海綿体に流れ込む血液の量が増加し、勃起します。

そして、性的興奮が鎮まったあとはPDE5という酵素がcGMPを分解することで血管を通常時の状態に戻し、陰茎海綿体に流れ込む血液量を減らすことで勃起を鎮めます。

しかし、何らかの原因によってPDE5の割合が過剰に多くなると、外部から性的刺激を得て興奮しても、cGMPが正常に作用しなくなります。その結果、陰茎海綿体に十分な量の血液が流れ込まず、EDを引き起こす原因になります。

このようなメカニズムによって起こるEDに対し、ドラスマが役立ちます。

有効成分として含有するアバナフィルがPDE5のはたらきを阻害することにより、cGMPの過剰な分解を防ぎます。これによって正常に血管が拡張する状態をつくり、勃起をサポートします。

こうした作用機序であることから、ドラスマは「PDE5阻害薬」に属します。

ドラスマの特徴

ドラスマの効果や作用機序については、バイアグラやレビトラ、シアリスと大差ありません。

しかし、ドラスマにはいくつかの特徴があり、その点でほかのED治療薬と差別化することができます。

ドラスマの大きな特徴として、即効性に優れている点が挙げられます。

服用後30分ほど、早ければたったの15分程度で効果が実感できるので、性行為をするタイミングを見計らわなくても直前に服用できます。

即効性に優れたED治療薬といえばレビトラが挙げられますが、そのレビトラと同じくらい、あるいはそれ以上の早さで効果を発揮します。

また、副作用が現れにくい点もポイント。

従来のED治療薬の服用によって生じる副作用に悩まされていた方も、ドラスマなら副作用による負担を感じることなくEDを改善できる可能性があります。

そのほか、食事の影響を受けにくいことから食事の前後に服用可能であることも、使用するうえで便利なポイントといえるでしょう。

このように、ドラスマは従来のED治療薬の良い部分ばかりを寄せ集めて開発されたかのような、扱いやすいED治療薬といえます。

ドラスマの軽度の副作用

現在、世界中で多種多様な医薬品が開発・販売されているおかげで、私たちはたとえ病気を患ったとしてもほとんどの症状を治療することができます。

いずれの医薬品にも特定の病気・症状に効果的なアプローチをする成分が含まれており、その成分の作用によって症状を鎮静化します。

しかし逆に言えば、医薬品が含有する成分はそれだけ強力な効果を持っているということ。開発時に想定していた効果以外にも、人体に良くも悪くも影響を及ぼすことがあります。このような本来の目的とは異なる効果のことを「副作用」といいます。

いずれの医薬品を使用するにしても副作用が生じる可能性は大いにあり、もちろんドラスマも例外ではありません。

ドラスマの服用によって生じる可能性がある副作用は多く、軽微な症状から重篤な症状までさまざまです。

服用したからといって必ずしも副作用が現れるわけではありませんが、万が一の場合に備えてどういった副作用が確認されているのかを知っておくことをおすすめします。

ドラスマの副作用として多く確認されているのは頭痛や顔のほてり、めまい、動悸といった症状が挙げられます。

特に頭痛と顔のほてりは発症するケースが多く見られるものの、いずれの症状も軽微なまま鎮静化することがほとんどです。ドラスマを服用した直後はこれらの症状が見られるかもしれませんが、ドラスマの効果が切れると同時に自然治癒することでしょう。

こうした軽微な副作用は、ドラスマの有効成分・ドラスマフィルの血管拡張作用によるものです。

たとえば顔のほてりなら、全身の血管が拡張して血流が活発になることで、体の各部が赤くなったり熱を持ったりします。

また頭痛の場合は、脳内の血管が拡張することによって神経が圧迫され、それが原因で痛みが生まれます。

「副作用がある」とネガティブに捉えるのではなく、「ドラスマが効いている」とポジティブに捉えてみてはいかがでしょうか。

ただし、上記の症状が重症化した場合、あるいはドラスマの効果が切れたあとも長く継続している場合は要注意。

ドラスマが体に合っていない可能性があるので、服用を中止し、すみやかに医師に相談することをおすすめします。

ドラスマの重い副作用

ドラスマの特徴のひとつとして、従来のED治療薬に比べて副作用が生じにくいことが挙げられます。

しかし、絶対に副作用が現れないと断言できるわけではなく、上で紹介した軽微な副作用が現れることがあります。

それで終わればそこまで心配する必要はありませんが、ときに重篤な副作用を引き起こすことがある点に注意しましょう。

ドラスマの服用によって生じる可能性がある重篤な副作用として、発疹や蕁麻疹、激しい動悸、呼吸困難などが挙げられます。

呼吸困難は言うまでもなく危険な症状であり、放置すれば命を落とす可能性があります。

また、発疹や蕁麻疹などの症状も軽視できません。

これらは皮膚病の一種であり、放置しているとどんどん症状が悪化するおそれがあります。重症化すると薬物療法だけでは治すことができなくなり、手術による治療が必要になります。

また、症状によっては命にかかわることもあるので、少しでも疑わしい症状が見られる場合はすみやかに医師に相談するようにしましょう。

このような副作用は、医薬品をどれだけ正しく使用したとしても発症する可能性があります。

とはいえ、誤った方法で使用すればよりいっそう副作用を招くリスクは高まります。

好き勝手なタイミングで使用する、決められた用量以上を使用するといったことは厳禁。

少しでも副作用が発症するリスクを減らすために、医師からアドバイスを受けるなりインターネット上で情報を集めるなりしたうえで、正しい知識を持って扱うことが大切です。